小泉進次郎【名言(迷言)集】数字46とは?爆笑ポエム総まとめ!

政治

環境大臣・小泉進次郎さんの謎めいた発言に

注目が集まっています。

SNSなどでは小泉進次郎さんの発言を

小バカにしているのが目立ちます。

2021年3月の

【プラスチック発言】【CO2の削減目標】

話題になっていますが

過去の迷言も含め全て調べてみました!

✔この記事の内容!

  1. 迷言①プラスチックの原料は石油発言(2021年)
  2. 迷言②【46】という数字がおぼろげながら浮かんできた(2021年)
  3. 迷言③自由がないのが民主党発言 (2010年)
  4. 迷言④30年後は自分は何歳かな発言(2019年)
  5. 迷言⑤ノドグロの話(2019年)
  6. 迷言⑥ステーキ食べたい発言(2019年)
  7. 迷言⑦かっこよく、セクシーであるべきだ発言(2019年)
  8. 迷言⑧今のままではいけない発言(2019年)
  9. 迷言⑨辞任するが辞任するとは言ってない発言(2019年)
  10. 迷言⑩反省が伝わらない自分に対しても反省(2020年)
  11. 迷言⑪リモートワーク発言(2021年)
  12. SNSの反応
  13. まとめ
スポンサーリンク

迷言①プラスチックの原料は石油発言(2021年)

プラスチックの原料は石油発言

小泉進次郎環境大臣がラジオでの

「プラスチックの原料って石油なんですよね。意外にこれ知られてない」

という発言が取り上げられ

「みんな知ってる」

「国民を馬鹿にしている」など

ネット上で炎上しました。ですが

富山県が行ったアンケートによると

16%が「知らない」と回答があったそうです。

あくまでも小泉環境大臣のこの発言対象は

プラスチックの原料は石油だと知らない層なので

正しい発言なのではないでしょうか。

迷言②【46】という数字がおぼろげながら浮かんできた(2021年)

【46】という数字がおぼろげながら浮かんできた

2021年4月23日

小泉進次郎環境大臣が【NEWS23】で

2030年度の温室効果ガス削減目標を

46%減とする方針した経緯についての発言。

小泉環境相はこれについて、昨夜放送された「NEWS23」(TBS系)のインタビューで「くっきりとした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら、浮かんできたんです。“46”という数字が」と説明。聞き手の小川彩佳アナが「浮かんできた?」と聞き返すと、「シルエットが浮かんできた」と応じた。このやりとりが放送後、Twitter上で話題を呼んでいた。

引用元:Yahoo!ニュース

おぼろげながら【46】という数値が

浮かんできたのだそうです。

▼ここからは時系列でご紹介します▼

迷言③自由がないのが民主党発言 (2010年)

自由がないのが民主党発言

「自由があるのが自民党。自由がないのが民主党。同じ問題が自民党で起こったら新人でも説明してくれ、と言うと思いますよ」

こちらの発言は皮肉としていったのでしょうか?

それとも漢字から【自由】が無いという意味で

言ったのでしょうか。


迷言④30年後は自分は何歳かな発言(2019年)

30年後は自分は何歳かな発言

2019年9月17日

環境相としての記者会見で

福島第一原発の除染廃棄物問題を問われ

「私の中で30年後を考えたときに、『30年後の自分は何歳かな』と発災直後から考えていました。だからこそ私は、健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、その節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」

引用元:smartFLASH

【約束】【節目】【可能性】など

誠実そうな言葉が並びますが

ハッキリ言って何が言いたいかわかりませんね。

迷言⑤ノドグロの話(2019年)

ノドグロの話

2019年9月20日

汚染水の海洋放出に関して、韓国が懸念すし

風評被害を助長することになりかねないと思うがという

記者の質問に対して

小泉「小名浜の地元の組合長に、一緒にノドグロを食べましょうと。その時の喜んだ顔、うれしかったですね」

記者「ノドグロの話を聞いてるつもりじゃない」

と記者にも突っ込まれてしまいます。

迷言⑥ステーキ食べたい発言(2019年)

ステーキ食べたい発言

2019年9月21日国連気候行動サミットで

ニューヨークを訪れていた小泉環境大臣。

「毎日でもステーキが食べたい」と発言し

ステーキ店に入店したそうです。

この発言の何がまずいかと言うと

牛肉は地球温暖化の大きな原因なのです。

これは世界中に恥を晒したも同然でしょう。

迷言⑦かっこよく、セクシーであるべきだ発言(2019年)

かっこよく、セクシーであるべきだ発言

「気候変動のような大きな問題は楽しくかっこよくセクシーであるべきだ」

「It’s got to be fun! It’s got to be cool! It’s got to be sexy!」

2019年9月23日にニューヨークでの

英語の演説が話題になりましたが

日本に帰国後の記者に対する質問の答えが

さらに話題になりました。

記者に「セクシー」発言の意味を問われて

「それをどういう意味かって説明すること自体がセクシーじゃないよね」

と話し

「対策としてクールは分かるがセクシーは会見で聞き慣れないのでは」

との問いにも

「だからそれを説明すること自体がセクシーじゃないよね」

ほぼ同じ言葉を重ねました。


迷言⑧今のままではいけない発言(2019年)

今のままではいけない発言

「今のままではいけないと思います。だからこそ日本は今のままではいけないと思っている。」

この発言は2019年9月23日に

迷言④のセクシー発言の続きの内容になります。

ネット上では

「意味が分からない」とか「頭が悪い」などの

意見がありました。

この言葉の意味を分析しているサイトまで

存在していました。

迷言⑨辞任するが辞任するとは言ってない発言(2019年)

辞任するが辞任するとは言ってない発言

「辞任するとは言ったが、辞任するとは言ってない」

これの発言は実際はしておらず

有名な画像なのですが

残念ながらコラ画像だそうです。

迷言⑩反省が伝わらない自分に対しても反省(2020年)

反省が伝わらない自分に対しても反省

「『反省をしているとは言っているけれど、反省の色が見えない』というのは、まさに私の問題だ。なかなか反省が伝わらない自分に対しても反省をしたい」

反省しているんです。ただ、これは私の問題だと思うが、反省をしていると言いながら、反省をしている色が見えない、というご指摘は、私自身の問題だと反省をしている」

小泉環境大臣が2020年2月16日に開かれた

新型コロナウイルス対策本部を欠席し

地元後援会の新年会に出席していたことについて

謝罪するよう求めた際の発言です。

「反省」という言葉は20回も出たそうです。

迷言⑪リモートワーク発言(2021年)

リモートワーク発言

2021年5月26日追記

「リモートワークのおかげでリモートワークできてよかった」

と謎の発言。

「リモートワークのおかげで 公務がリモートで出来たのは リモートワークのおかげ」

と言いたかったのでしょうか?

SNSの反応

まとめ

今回は小泉進次郎環境大臣の迷言

まとめてみました。

発言に対しては【内容が薄っぺらい】や

ポエム大臣】などと小バカにされていますが

もう少し具体的に話をすることが

今後の課題のような気がしますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました