謎だらけの歌い手【yama】って誰?一体どんな人物?

yama 歌手

今日は謎だらけの歌い手【yama】さんについて調べてみました。

yamaさんといえば、素顔などは一切明かさず

音楽活動をされている方なのですが

一体どのような人物で、

その音楽の世界観はどのようにして生まれたのか

謎に迫ってみたいと思います!

✔この記事の内容!

  1. yamaプロフィール
  2. yamaの素顔を隠す理由
  3. yamaの音楽の世界観
  4. yamaのヒット曲
  5. まとめ
スポンサーリンク

yamaプロフィール

yama
  • 本名:不明(音楽ユニットBINでは山上として活動)
  • 年齢:不明(20代後半~30代前半予想)
  • 出身地:不明
  • 誕生日:8月19日
  • 所属事務所:ソニーミュージック

yamaって何者なの?

素顔、性別、出身地も明かさず

オリジナル楽曲【春を告げる】で異例大ヒットさせ

わずか3か月で2000万回以上再生され

ストリーミング累計再生回数はなんと1億回を超える

今や大人気の歌手です。

yama – 春を告げる (Official Video)
引用元:YouTube

yamaの素顔を隠す理由

なぜ素顔を隠しているのでしょうか?

先日【報道ステーション】の初インタビューで

「素顔なんて誰も知らなくていい」

「作品だけを純粋に楽しんで聴いてほしい」

という思いが強いため

素顔を隠していると言っておりました。

本当に音楽だけで認められたいと願う

強い意志が見受けられますね!

性別は?

ハスキーな声の持ち主の方ですが

聴く限りではおそらく女性だと思われます。

ただTwitterでの発言を見ると

男性っぽい言葉遣いが目立ちます。

Twitter
画像引用元:Twitter

そのせいで、ネット上では

「女性なの?」

「男性なの?」

という声が広がったのでしょう。


yamaの音楽の世界観とは

yama
画像引用元:YouTube

yamaの略歴

  • 2019年11月:ボカロPくじらが発表した楽曲「ねむるまち」にゲストボーカルとして参加
  • 2020年4月17日:初のオリジナル楽曲春を告げるをリリース
  • 2020年10月21日:シングル「真っ白」でメジャーデビュー
  • 2020年12月18日:YouTubeチャンネル~THE FIRST TAKE~春を告げる公開
  • 2021年1月13日:YouTubeチャンネル~THE FIRST TAKE~真っ白公開
  • 2021年2月10日 :自身初となるCDシングル麻痺を発売する。

あわせて読みたい

音楽の世界に入る前は?

普通に働いて、休みの日を全部使って

自室の狭い空間でひとり録音をしていたそうです。

何の仕事をしていたかどうかはわかりませんでした。

惹きつける音楽の原点とは?

幼少期にコンプレックスあり

身近な人が勉強やスポーツが出来て

家族や周りの人から、認められているけど

自分自身は何もなく

当時の自分は「誰も自分のことを見てくれてないな」

とすごく感じていたみたいです。

周りが褒めてくれたり、喜んでくれたりしたのが

唯一【音楽】だったそうです。

音楽に込めた願いとは?

言葉ひとつひとつや表現を、とにかく大切にし

最初から最後まで手を抜かないように

作品には自分のエネルギーをすべて注ぎこんで

「この曲聴いたら元気になれる!」

「この曲聴いたら少しだけ頑張ろう!」

と明日も頑張れる気持ちになってもらえるような

音楽をつくり続けたいとおっしゃっておりました。

ヒット曲は?

クリーム:2020年5月27日発売

クリーム
画像引用元:uta-net.com

Downtown:2020年7月1日発売

Downtown
画像引用元:uta-net.com

あるいは映画のような:2020年9月7日発売

あるいは映画のような
画像引用元:uta-net.com

真っ白:2020年10月21日発売

真っ白
画像引用元:uta-net.com

a.m.3:21:2020年8月12日発売

a.m.3:21
画像引用元:uta-net.com

麻痺:2021年2月10日発売

麻痺
画像引用元:uta-net.com

春を告げる:2020年4月17日発売

春を告げる
画像引用元:uta-net.com

まとめ

最近、素顔を出さない

歌手が増えておりますが

その中でもyamaさんは

音楽にかける情熱が、全然違う印象を感じました。

そしてメディアへの露出や

素顔が公開される日は果たして来るのでしょうか?

その辺も期待したいところですね!

最後までご覧いただきありがとうございます。


タイトルとURLをコピーしました